報告が遅くなりましたが、8月11日
第一回いのち育むハッピーフォーラム終了致しました。

お越しいただきました皆様に心より感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

総勢で約140名のお客様に
お越しいただき盛況のうちに会を終了する事ができました。

午前中は
映画「かみさまとのやくそく」上映会

それぞれの皆様の心に響いた映画であったかと  思います。
お母さんを選んで生まれてきたと語る胎内記憶をもつお子さんのお話

前世の記憶をもつお子さんの話
罪を償うために生きていると語るお子さんたちの話

前世、中間生など目には見えないけれど
脈々と私たちのいのちの流れをつなぐものが確かにあることが研究によって
明らかになってきています。

親からの愛を受け取れずに大きくなってから苦しんでいる大人もたくさんいます。
生まれてきていけない命なんて存在しない。
自分を愛していいんだよ。生きていていいんだよ。
生まれてきてくれてありがとう。
たくさんのメッセージがつまった映画でした。映画の間無料託児もさせていただきました。

かみさまとのやくそく映画フォーラム託児

午後は講演会でした。
まずは
NPOハッピーマザー協会のサポートメンバーでもあり
枚方の「ゆずりは助産院」院長片山先生によります
「いのちのおはなし」

講演前に
小さな小さな長方形の紙が配られました。

生命と関わりある仕掛けがされています。
小さな小さな穴が開いています。
それは受精卵と同じ大きさ。
こんなに小さいところから生まれてくるんだ。
大きさを見て改めて思います。

よくぞここまで大きくなったなぁわたし。って。
わたしたちは子作りと簡単に言いがちですが
実際受精するのはホントにすごい確率です。
いのちは作れるものではない。
私たちはそのものすごい確率の中生まれてきた。
ほんとうにかけがえのないいのち。

この世に生まれてくるということは
決して当たり前のことではないのだと改めて再認識致しました。
赤ちゃんは小さい存在だけどすべてをわかっている。
そんな話も聞くことができました。
たくさんのお母さんのお産に立ち会ってきた方だからこそのお話でした。

フォーラム片山1フォーラム片山

 

片山先生は
NPOハッピーマザー協会の講座やセミナーでも講師をされることがあります。
興味のある方はどうぞこちらからHPもご覧ください。
http//:happymother.org/

そして続きまして
いよいよこの日のメインでもあります
池川明先生の講演会でした。

池川明先生は、医学博士であり日本の胎内記憶の第一人者です。
今までにも胎内記憶に関する研究に取り組み多くの論文を発表されています。
「かみさまとのやくそく」にもご出演。

ソフトな優しい語り口がとっても素敵な先生。たくさんの臨床経験に基づくお話でした。
いろいろなお話をされましたが後半は質問コーナー。

池川先生がどんな質問でも応えてくださるのでそれが伝わったのか
会場の皆様も熱心に手を挙げて質問されていました。

特に印象的だった話についてまとめましたのでお読みいただければ幸いです。

◎お子さんはお母さんが笑顔ならしあわせならそれでOK。
お母さんが楽しむということは大切ですね。

◎どこで出産をするか?
一番(先生の中で)ランクが高いのは自宅出産。母子ともにリラックスした状態で出

産を迎えられる。
けれど、形式にがんじがらめになりお産はこうでなければならないというのは違う。
赤ちゃんはお母さんがストレスなく生みやすいようにということを考えています。
自宅出産であっても病院出産であってもしあわせなお産はできる。

◎勉強しろ!と
お子さんに言ってませんか?勉強しろと言われた子はほぼ勉強をしない。
有名進学校に通っているお子さんのほとんどは親に勉強をしろと言われた記憶がない、と答えているというデータもあるくらいです。
勉強をしろと言われなかった子どもは自分で勉強を(勉強に限らず自分のやりたいことを)しようとするように育ちます。残念ながら学校の中では子どもたちのやりたいことを活かせるような教育をすることは難しいようだけれどみんなの得意な分野が活きるような世の中にしていきたいものです。

◎小さいときにあれこれ手をかけるだけが子育てではなくて
お子さんが30歳くらいの大人になったときに自分らしく生きているかどうかが大切なんです。

◎お産について
病院でお産をする場合は先生が自宅や助産院などでお産をする場合は
周囲の親や親戚、友人などからいろんな指導やアドバイスを受けることがあると思い

ます。周囲の人もいろいろ言いたいんです。お母さんが子供に対してあれこれ言いたいのと同じ。

それを理解した上で大事なのはそれを鵜呑みにするのではなくお産をする女性自身が
自分自身に問いかけて心地よい方法を選択をするということ。
お母さんがストレスなく過ごすことを赤ちゃんものぞんでいます。
お腹にいるときから赤ちゃんに語りかけてみてください。
応えてくれるのがわかると思います。

フォーラム池川先生フォーラム池川先生1
肯定的な反応が返ってくることが多いようです。

まだまだ他にもいろいろなお話がたくさんありました。
池川先生大変貴重なお話をありがとうございました。

講演会の際にも無料託児をさせていただきました。写真には写っていませんが、10名くらいのお子様を

お預かりしました。

託児1

 

講演会のあと

今度は池川先生と片山先生お二人による対談
池川先生から片山先生に質問するという場面もありました。

フォーラム対談

片山先生のお子さんが生まれてきてから
語ったお腹に入る前のお話を池川先生も
会場のみなさんもとても興味をもって聞いてらっしゃいました。

池川先生の書籍を会場で販売致しましたが
先生が自らサインをしてくださるということで書籍があっという間に完売。

ご自分の休憩時間もすべてサインの時間や会場にお越しの皆様とのお話に
快く時間を割いてくださいました。

池川先生本当にありがとうございました。

ご参加いただきました皆様にもお礼を申し上げます。ありがとうございます。

最後に
この会を主催致しました
NPOハッピーマザー協会の
活動について
報告させていただきます。

この8月11日のフォーラムの中でも代表理事の山村貴乃より本協会を立ち上げた経緯

、立ち上げから1年の活動についてご説明申し上げました。

フォーラム山村

自身の仕事の経験で、女性の婦人科系の病気が多く、不妊も増えていて
生活習慣を正すことで、病気が改善し、不妊に悩んでいた方々が妊娠をしたこと。
子育ての体験で、子育てを教えてもらえる環境が少なくて、苦労し
色々調べていくと、もっと早くに知っていたら子育てがもっと楽しく、楽だった事に気づきました。

昨今、社会の中で虐待に代表されるような憂慮すべき悲痛な事件が立て続けに起きて

おります。安心して子どもを養育することが難しい家庭が確実に増えております。

女性がまず心身ともに健康であることや、いのちの大切さ、子育ての知識を得る事で幸せにも繋がり
少しでもこの社会のお役に立てることが出来るのでは?と考え協会を立ち上げました。

本協会ではそう考え心と体に必要な知識をお伝えする講座や講演会
また心豊かに生活するために農業やお料理など体験型のイベントを開催してきました。
設立から一年が過ぎましたが、まだまだ認知もされていません。
今後も女性が安心して楽しく子育てできる環境を整える社会に繋がるよう活動していきますので、
皆様の応援をいただけます様、今後ともよろしくお願い申し上げます。

以上報告となります。

今後もいのち育むハッピーフォーラムは開催してまいりますので、

ご提案等ございましたら、おしらせいただけると幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。